関節リュウマチ

このエントリーをはてなブックマークに追加
本格的中国高火力温灸
止痛作用。鍼灸治療はリュウマチ性関節炎が出現する痛みの症状を緩解することです。その働きは鍼灸治療は人体内源性の鎮痛物質を放出を促進し、関節局部の痛物質を取り除くことを促進し、痛覚を感受する伝入経路などを調節、減弱させ止痛目的を得ることです。

局部循環を増加させる。鍼灸治療は直接間接局部の自律神経ー血管反射を刺激し、局部血液循環量を増加させ代謝を促進し栄養物質を増加させます。局部炎症性物質の吸収と消散に効果があります。局部堆積の代謝産物の排出し局部組織の修復を促進します。

筋肉の緊張を緩める。鍼灸治療は関節局部の炎症に達し、腫れをとり痛みを抑えます。同時に関節局部筋肉の炎症刺激の攣縮にも効果があります。炎症が治まった後、鍼灸治療は筋肉の屈曲攣縮減軽、予防でき筋力回復、関節の回復が可能となります。関節機能を保持、増進に重要な意義があります。

④免疫を調節する。免疫機能紊乱は関節において発病の仕組みの一つです。大量の実験、研究によると鍼灸治療は体の免疫に一定の良性調節作用があります。これにより鍼灸治療は全体より免疫機能紊乱を調節できます。鍼灸治療は実質的に治療作用があります。

弁光鍼灸院の治療は即効性があり再発の可能性はありません。