不眠、うつ病

このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的中国高火力温灸
不眠症
不眠症に対する鍼灸治療のキーポイントは中枢の働きをコントロールすることです。即ち鍼灸治療が人体中枢神経系統に対して調整作用を発揮することです。大脳前頭皮質機能を改善し皮質の自己発電を抑制しさらに紊乱した脳機能を平衡協調に向かうよう促進、亢進した交感神経抑制させ交感神経、副交感神経相互に協調させ正常に回復させ安眠に至らせることです。その他、研究によると鍼灸治療は脳内抑制因子を増加させることで興奮因子を低下させます。中枢神経の抑制機能を改善することで進んで不眠状態を改善します。海外の学者の研究によると、鍼灸治療は患者の血漿、尿中の黒ホルモンのメラトニン濃度を高め、黒ホルモンのメラトニンは松果体が夜間に作るホルモンの一種で睡眠維持作用があります。
抑鬱病
現在は体が刺激に反応する時、HPA軸(ストレス回路)の興奮性は高まり、視床下部に分布する旁室核内側小型神経細胞CRF(副腎皮質放出ホルモン)の産生が増加します。合成CRFは脳下垂体門脈系統を経て脳下垂体前葉に達します。腎上腺皮質細胞にACTHの産生を促し血液に随って腎上腺皮質に達しグルチコルコイドストロイドを合成します。正常な生理状態では腎上腺分泌のGCは視床下部ー脳下垂体ー腎上腺軸に対して負のフィードバック機能があります。慢性状況下では過量のCRFは脳下垂体ACTHの分泌増加を進めます。最終的にGC分泌過多を起こしHPA軸の負のフィードバック機能を失調させHPA軸持続亢進を表し人体の神経、免疫、内分泌など多くの系統の機能紊乱、多くの抑うつ症状を引き起こします。鍼灸治療ポイントと働きは

HPA機能を調節する。研究によると慢性のラット視床下部CRF、腎上腺CORTの過度分泌を低下させることが解ります。モデルのラット活動度、探求活動を増加させ慢性がもたらす快感欠乏改善します。鍼灸治療は5-HT(セロトニン)の代謝低下により相対的に5ーHTの含有を増加させます。
5-HTの神経活性を高めNEと5-HTの関係を協調させ中枢神経と外周のモノアミン類の水準を調整し抗抑うつ作用を表します。上述の鍼灸治療の共同作用はHPA軸亢進状態を改善します。研究によると抑鬱症患者の高いACTHとCORの低下が可能です。血漿の腎上腺皮質ホルモンとコルチゾールの含有量を低下させます。

その他の神経内分泌を調整する。鍼灸治療は視床下部成長抑制因子を増し、血清の胃分泌ホルモン含有量を低くし異常分泌を正します。脳腸ペプチドホルモンの放出を調整し、ラットの抑うつ状態の消化機能を改善し、鍼灸治療はラットの抑鬱状態下の性行動を改善し性ホルモンT波の調節により作用を発揮します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>