刺絡放血の解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
刺絡放血法治療のしくみ

行気和血、調整陰陽
刺血療法は中医気血臓腑理論と鍼灸経絡理論に基ずいた基礎上で発展してきたものです。
気血は人体のもっとも基本的な2つの非常に精巧な物質です。経絡系統は気血を運行させる通路です。刺血により人体経気は刺激され気血の運行は順調になります。人体筋脈臓腑の栄養と吸収と代謝物の排出放出は人体内部を“正気存内”、“陰平陽秘”の理想状態にします。

疏通営衛、祛邪達表
営、衛の気は人体自身防御の第一の関所です。もし正常の運行規律を失えば、人体にいろいろな結果の影響を与えます。邪気が人体体表に進入してきたら営、衛の気と邪気が体表で相争い人体に頭項がこわばる、ふしぶしの関節が痛む、皮膚がかゆいなど一系列の症状がでます。これらは営、衛の運行が邪気により阻滞させられて引き起こします。刺血療法により邪気を排除し祛邪達表、営衛の運行を正常に回復し、相応の症状も緩解、消失します。

外感発熱患者には刺血療法によって体温をすばやく正常に回復させることができます。また、皮膚瘙痒のとき刺血療法採用ののち四肢末梢の気血運行を加速させ風邪は血気にしたがって外に排泄され瀉血祛風止痛の効果があります。

人体肢体麻木が気血虚衰によるもので四肢末梢にいかないものは刺血療法によりとくに四肢末梢の放血により四肢末端の気血運行を加速させ症状を緩解させます。

人体抵抗力が低下すれ風邪を引きやすく、神経が疲労し、集中力が無くなり頭がぼーとなるのは衛気不固、営衛の無力抗邪によるものです。刺血治療により人体正気を激発し人体の防御作用を呼び起こし人体の免疫力を高めます。

清熱寫火、消瘍排毒
人体熱毒の進展は衛、気、営、血の4つの段階があります。すべての段階には相応の臨床症状がありますし熱毒はもっとも人体の営血部分に付着しやすくもし、熱毒が極めて盛んであれば瘍、腫などの潰爛性疾病を引き起こします。刺血療法を採用すれば直接熱邪、膿毒を体外に排出させ清熱寫火、涼血清営、泄熱消痛の作用となります。
臨床上刺血療法は高熱、鼻血、発斑、膿毒瘡痬などの疾病に大変有効です。
蛇、さそり、蚊、蟻などの毒虫の噛み傷にも刺血は体内熱毒を体外に排出だけでなく解毒作用もあります。

開竅醒神、宁心鎮静
突然倒れたり意識不明の急性病症に手足末端の血液を放出することで上走の気血を四肢末端に引き返させ頭部の圧力を緩解させ、開竅啓閉の作用をさせます。もし、熱が心神をかき乱し、濁気が心を攻めれば人体営気血運を乱れさせ、情緒不安定、うつ、不眠、笑いが止まらないなどをまねきます。刺血療法は熱邪、痰濁などの病因を取り除くことでき、宁心鎮静、理気解鬱、和血安神の治療効果があります。

活血化瘀、通絡止痛
経絡は気血運行の通路です。多くの内外素因により人体気血運行が失調すると気滞血瘀の現象を作り出します。
寒気が経脈に進入すれば経絡気血が滞り不通となり疾病を発生させます。もし、気虚で運血無力では営血内に瘀血が停滞し変じて疾病を発生させます。さらに気血運行をふさぐようになると疼痛が発生するだけでなく塊り、瘍腫を作ります。
刺血療法により直接瘀血を放出させて経絡を疏通させ気血運行順調にし、同時に活血化瘀、祛瘀生新、通絡止痛の目的を達成します。ゆえに、刺血療法は打撲、捻挫、関節疼痛、肢体麻木不仁に大変有効です。

吹玉(抜缶療法)の治療原理

平衡陰陽
中医は陰陽平衡を人体に応用して視ます。人体内各種組織は一種の有機協調の状態下にあります。もし陰陽が失調すれば各種機能十分協調せず百病の元になります。病を生じないようにするには陰陽協調平衡が必要です。抜缶療法は経絡穴位を通じて臓腑に興奮と抑制を生み出ことで最終的に臓腑器管の機能を調整し陰陽平衡に導きます。

疎通経絡
中医は全身くまなく経絡が流れているを見ます。人体活動が必要とする栄養と気血は経絡系統を通じて運ばれます。もし人体経絡に問題が生じたとき病気が発生します。このとき抜缶すれば経絡を刺激し局部と相応の臓器組織中の血流量を加速させ経洛中の気血が流れるようにします。衰弱した臓器を興奮させ機能を回復させます。

行気活血
寒すれば気凝り、瘀すれば気滞る。気行けば血行き、気滞れば血瘀れる。寒、気血は相互に因果関係にあり気滞血瘀の病変を作り出すことになります。抜缶の吹抜と温通と良性刺激の神経反射作用は血液循環をよくし人体気血の流れをよくし行気活血の目的を達します。

温経散寒
抜缶のとき火缶皮膚に温熱刺激を形成しこの種の刺激は経絡を伝わり相応の内臓器官組織を刺激します。体内の寒邪を体外に排出し温経散寒の治療効果を発揮します。

発汗解表
抜缶の時局部毛細血管を充血、拡張、発汗により去除風寒湿邪の効果を発揮します。これは伝統中医がいうところの風寒邪気は気に随ってでるとこです。臨床治療過程中にこの原理は広く応用されています。もし抜缶により汗の排泄が増加すれば尿素、尿酸、乳酸などの排泄が加速し病邪を外に追い出します。