腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛

このエントリーをはてなブックマークに追加
本格的中国高火力温灸
腰痛の治療の特徴は大量の艾を使用し長時間温めることで
効果が深く浸透する一般の治療院ではお目にかかれない大変優れた治療法です。形性腰椎症、癌の転移、手術後の痛み、骨粗しょう症、更年期障害どが原因の腰痛,坐骨神経痛にも十分効果があります。
ご希望の患者さまには中国正骨(正脊)も施術します。

腰腿痛の病因は大変複雑で臨床において非常に多くの疾病が等しく引き起こします。常に見ることが出来るのは男女泌尿器系統の各種炎症と結石などの疾病、男女生殖器系統の疾病、外科腰骶部腫瘍と癌などの疾病、骨傷科の腰部骨折、捻挫などの疾病、脊椎の骨質造生、脊椎管狭窄、椎間板突出(ヘルニア)などの病変および、リュウマチ性関節炎、腰部帯状疱疹などみんな等しく腰腿痛になります。
”腰腿痛”の言葉は一つでも一種類の病気ではありません。多くの疾病が共有する症状、主訴です。この一つの症状によって疾病を正確に鑑別することは大変困難です。腰部解剖は大変複雑で腰椎そのものももちろん、椎骨、椎間板、椎間関節、椎旁靱帯、筋肉、脊神経、これらの組織の病変が腰腿痛を引き起こします。このほか、腰椎近くの組織、腹腔内臓器の病変もまた刺激、圧迫により腰腿痛を引き起こします。たとえば、腎臓、輸尿管、膀胱、尿道、卵巣、子宮、後腹膜、肝臓などの器管の疾病も腰腿痛を引き起こします。正確な診断により治療することが有効です。
骨傷科の腰腿痛の原因
腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛の名医で有名
 人民衛生出版社 洛陽平楽正骨より

急性腰筋損傷
棘上靱帯損傷
棘間靱帯損傷
腰椎間小関節総合症
腰椎退行性脊柱炎
腎虚腰痛
労累性腰痛
腰椎椎間板突出症(ヘルニア)
腰椎管狭窄症
椎弓崩裂と腰椎滑脱症
腰椎側隠カ総合症
第三腰椎横突総合症
骼腰三角総合症
骼腰靱帯損傷
骶骼関節損傷
骶骼関節錯縫
骶筋筋膜炎
尾骨挫傷
尾骨痛
恥骨結合錯縫
臀上皮神経損傷
闊筋膜緊張症
梨状筋総合症
坐骨神経痛
強直性脊柱炎
緻密性骼骨炎
青年性駱骨
腰背繊維織炎
腰背筋膜損傷
腰化および腰椎骶化
腰骶椎隠性裂

泌尿器科の腰痛の原因
尿路感染 急性腎盂炎、慢性腎盂炎
連鎖球菌感染後の急性腎小球腎炎
尿路結石
上尿路結石、下尿路結石
腎下垂

生殖器科の腰痛の原因
男子腰痛
a 急性前立腺炎、

b 慢性前立腺炎
(1)慢性細菌性前立腺炎:主に上行尿路感染によるものです。症状は会陰部不快感、恥骨上の痛み、大腿部のだるい痛み、腰痛、尿道口に白いおりもの、尿急、頻尿、尿痛、排尿困難。不眠、体がだるい、めまい、記憶力減退など神経衰弱症状があります。。検査により病原菌を確認。

(c)慢性非細菌性前立腺炎:臨床上の大部分はこの病気です。発病率は細菌性より高いです。長時間の座位、車の運転、長期間の性生活の中断が原因となります。症状は細菌性前立腺炎と同じです。ただし頻尿、尿急、尿痛はありません。
一般の治療はあまり期待できませんが鍼灸治療が効果があります。

(d)前立腺肥大:男性40才代以降に不同程度の肥大が見られます。多くは50才以降に発病します。患者のおおくは頻尿、夜尿増加、排尿困難、排尿遅緩、断続、尿後滴り落ちる、排尿に力がいる、勢いよくでない、尿線が細く力がない、膀胱内の尿が出つくさないので膀胱内に残尿がある。腰部酸痛がある。

婦人科腰痛 生理痛、生殖系統炎症(子宮頚炎、盆腔炎、子宮筋腫、子宮内膜症)

膝関節が引き起こす腰腿痛
変形性膝関節症
膝関節内側副靱帯損傷

急性腰部捻挫(ぎっくり腰)
中枢神経鎮痛作用。遠方の穴を使用する時、患者の運動は脊髄上位中枢を活発にし、下行を刺激し、各種中枢神経(脊髄、大脳皮質、視床下部、尾状核、脳幹毛様帯など)は各種の整合作用を発生します。痛覚刺激を受けると抑制させ、疼痛の持続的緩解を生じます。

体液の鎮痛作用。鍼灸治療は血液中に腎上腺皮質ホルモンと糖皮質ホルモンを増加させます。この二つのホルモンは抗痛の働きがあります。かつ脳内鎮痛物質代謝を発生させます。エンドルフィン分泌を増加させ疼痛が減軽します。

解痙作用。腰部急性捻挫が引き起こす疼痛性痙攣はおもに筋肉痙攣です。鍼灸治療の時、鍼感が脊髄関門通過の作用によって疼痛部の痙攣を解除、低くします。よって体の痛みを緩解します。

局部微循環を改善する。鍼灸治療は炎症を引き起こす痛物質、代謝産物を取り除くのに有益です。交感神経調節作用を強め血管を緩めて局部微循環を改善します。

筋肉疲労の腰痛
西洋医学では腰部は人体重量の最大負荷の部位です。解剖学的特長、生物学的特殊性により容易に外力の作用、自然環境の影響を受け腰部筋肉は常にいろいろな損傷を受けます。長時間の強制的な体位(腰を曲げる、背をそらす)の重労働で腰部筋肉を高緊張状態を長時間させることで腰部筋肉とその付着部位の過度の牽引は損傷、滲出増加等の炎症性水腫反応を引き起こします。局部軟組織の血行障害、充血、酸素不足は原発性腰部筋肉疲労 或は腰部外傷後、損傷組織がまだ完全に回復しないか、後遺症、腰椎の先天畸形(脊椎隠裂、腰椎底化、底椎腰化)は局部組織が正常活動の負荷に対応できません。慢性腰部筋肉疲労を形成し、悪循環に陥ります。
その他、気温が低すぎたり、湿度が高くなりすぎたりすると湿度と冷えを受けて女性は更年期内分泌障害になります。身体虚弱はみんな本病の誘因の一つです。
中医学は本病を腰痛と称し、痺症の範疇に属します。多くは急性捻挫により経脈を損傷し気滞血汚し 或は、過度な労働で筋肉を損傷し気血汚滞、筋脈に栄養がいかなくなり、寒さ、湿度を感受したり、湿熱が内にこもることで腰部経脈の阻滞、気血不通を招きます。年老いて体が弱り肝腎不足となれば筋骨に栄養がいかなくなり腰痛になります。

坐骨神経痛
90パーセント患者は椎間板ヘルニアが神経根を圧迫して引き起こします。腰椎狭窄と腫瘤と癌(ごくまれに)も原因となります。原発性坐骨神経痛は即ち坐骨神経炎です。その発病は多くは寒さ、湿気、損傷、感染などの原因があります。臨床的には少ないが続発性坐骨神経痛は坐骨神経がその通路中に近くの組織病変の影響で引き起こします。病変部位で根性坐骨神経痛と幹性坐骨神経痛の両種があります。椎間板ヘルニアが引き起こす根性坐骨神経痛は臨床上最も多く遭遇します。又、脊椎骨関節病も腰椎の退行性病変を引き起こします。幹性坐骨神経通病変の主なものは椎管
外にあります。常に見られるのは腰底神経叢と坐骨神経幹近くの病変、骶骼関節炎、梨状筋症候群、子宮内膜症、腫瘤圧迫などです。
中医学は腰部捻挫、腰部疲労、外傷などの原因で筋脈を損傷し、気血瘀帯、不通は痛みを引き起こします。長く湿気の多いところにいたり、雨にあったり、水の中を歩いたり、汗をかいて風にあったり、薄着でいると風寒湿邪が侵入し痺が腰腿部を阻止し、湿熱邪気が淫し、湿濁が長く鬱すれば熱と化し、体内にこもり膀胱経を流注するものは等しくみんな本病を引き起こします。足太陽、足少陽経脈と経筋の病気です。

腰椎間板ヘルニアの2大症状は腰痛と腿痛です。
腰椎間板ヘルニア症は多くに人に見られます。90パーセントの人は一生中に下部腰痛の経験があります。主要な原因は腰椎間板ヘルニアか続発性の疾病が引き起こしたものです。ある患者さんは不治の病気と諦め、その痛みの苦しみに悲嘆と失望で諦めています。
多くの非手術療法の中で “鍼灸学の輝き” 刺血療法は優れた効果があります。
腰椎間板ヘルニアは少数の手術の他、大部分の患者は適切な非手術治
療で満足する治療効果で回復しています。刺血療法は中医経絡学理論に遵い相関穴位を選び、三稜針を用い、一部分の血液を流出させます。腰椎間板ヘルニアが引き起こした
腰痛、坐骨神経痛、足底、足背の麻痺、下肢の冷え、間歇性跛行の症状を治療することができます。
MRI検査の結果、ある時は臨床症状と一致しないときがあります。もし椎間板の軽微な突出でも腰、下肢の疼痛が大変重い時もあります。突出物が大きく、骨質増生、椎体滑脱でも少しの症状のこともあります。実際のところ静脈瘀血が疼痛の重要素因を作っています。研究によると、重度の椎間板狭窄を伴う間歇性跛行の患者はその神経根中の動脈にはっきりした閉塞はいまだ見られず、静脈はかえってはっきりと欠落して、動静脈の短絡があります。実験から貧血が神経伝道機能それ自身に圧力をはなはだしくしています。ある学者によると神経根自身が受圧により血運障害(供血不足、酸素不足、静脈瘀血)も重要な意味があります。血液循環障害の状況で脊椎活動摩擦、冷え、感染などの素因に敏感になります。一部の腰部椎間板ヘルニアの患者はしばしば疲労、冷えなどの素因で症状を誘発します。
刺血療法は、操作簡単、効き目確実、持病をたちどころに治す効果があります。他療法に変えがたい効果があります。この治療法は多くの腰部椎間板ヘルニアの病苦を治すことが可能です。

鎮痛作用。放射性神経根性疼痛はもっとも主要な症状です。
その原因には2つの要素があります。一つは椎間板破裂が生ずる化学物質が神経根を炎症、敏感にさせることです。二つは神経根を加圧することです。そして貧血要素にもなります。これにより治療中、鎮痛がもっとも最重要な効果の一つです。鍼灸治療は反射性刺激により人体内源性の鎮痛物質を放出し、疼痛緩解を促進することです。鍼灸治療は感覚神経末梢の局部刺激により神経刺激の伝入を減軽、調整します。人体痛閾を高め、止痛、疼痛緩解の効果を上げます。そのほか、鍼灸治療は局所循環を促進し痛みを起こす物質を取り除き、その代謝、分解を促進します。

局部循環の促進。
椎間板が寒冷刺激を受けると、腰背部筋肉を痙攣させ小血管を収縮させます。局部循環が悪くなると椎間板の栄養補給に影響します。同時に、筋肉の緊張、痙攣は椎間板内圧の上昇を招きます。特に長年経た変性椎間板にはさらに進んだ損傷を与え髄核突出を招きます。
椎間板突出後、神経根は刺激、圧迫を受けその周囲の無菌性炎症は必ず大量の滲出物質を椎間板孔及び、その周囲の軟組織中に満たします。その組織間圧力を増します。鍼灸治療は局部の微循環を刺激することで血管の緊張を取り除く機能を調節し循環する血液量と栄養を増加させます。
毛細血管の透過性を低くし、局部の新陳代謝と炎症性物質の吸収を促進します。したがって”引流減圧”の効果を上げます。椎間板の機械的牽引を減らし、神経管中の各種圧迫と神経根活動の制限の原因を取り除き緩解します。神経根と軟組織の癒着を解きほぐし症状を緩解します。
椎間板周囲の筋肉と靭帯を協調させる。
鍼灸治療は局部刺激により病変局部の筋肉、靱帯、腱などの失調、生物学的状態を協調させます。その痙攣状態を軽くし、よって局部筋肉、腱、靱帯の緊張状態を緩解します。
疼痛を緩解し、椎間板、神経、血管の圧力を軽くすることで循環を促進し損傷修復の目的を促進します。

神経調節
椎間板突出後、病変の神経根は刺激、圧迫を受けその機能は厳重な障
害、神経細胞代謝異常を招きます。鍼灸治療は直接、神経を刺激し神経衝動の伝導を引き起こします。これは刺激、圧迫を受けた神経根に対し反射的に神経細胞代謝と自己修復作用を促進します。

腰背痛
反射刺激によって人体内部源性の鎮痛物質の放出を促進し疼痛を緩解します。鍼灸治療は局部感覚神経末梢を刺激し、神経刺激の伝入を減軽、調整します。人体痛閾高め、疼痛を止め緩解効果を達成します。そのほか、鍼灸治療は局部血液循環を促進し、痛みを起こす化学物質や堆積した代謝産物を取り除きその代謝と分解を促進します。同時に鍼灸治療は腰背部の筋肉の緊張、痙攣を緩解するのも治療作用の一つです。

腰腿痛の針灸治療
原因を診断、確定することが必要です。ご来院まえに病院で受診されることをお勧めします。原因がわからないことも多いですがそのような患者様にも中国医学治療は効果を発揮します。

体鍼治療
腰痛の場所により治療穴は変わります。
腎兪、大腸兪、三焦兪、関元兪、委中、二角明、下三皇、腰部狭脊穴

温灸治療(弁光針灸院の特徴で大変優れた効果を発揮します)
腰部、痛む部位

委中、金林、金枝、反応点