不妊症

このエントリーをはてなブックマークに追加
不妊症の針灸治療
温める
現代の中国針灸治療を実践しています。弁光針灸院の最新の治療技術を紹介します。内容は体鍼、耳鍼、温灸、刺絡になります。患者様のご希望の治療します。
日本でも昔から子宝の灸、子宝の温泉など体を温めることが重要視されてきました。
大量研究から鍼灸治療は体自身の内分泌、免疫系統の生理機能の作用を調節し高めます。治療は女性ホルモンの水準を高め、卵巣機能を興奮させ、微循環を改善し、輸卵管を疎通させる作用があります。治療は視床下部ー脳下垂体ー卵巣軸の分泌機能に良性調節作用があります。卵胞生長ホルモン、黄体生成ホルモンの分泌を促し、エストラジオール、エストロゲンなどの分泌を正常にします。患者の排卵機能を正常にします。
卵子の質量を増やし、血液を増やし活性化します、体力を高め、子宮内膜異常を改善します。卵巣、腸、卵管、子宮など内臓の癒着を剥がす効果があります。
不妊症治療の名医で有名
不妊症の多くは子宮の冷えが原因

腎は先天の本で人体生殖発育の根源で五臓六腑機能活動力の原動力です。腎陽は即ち命門の火で一身陽気の根本です。腎陽は体を温め生殖発育の職能を促進します。寒湿、邪風が体に入ると、直接腎陽の気を損傷し陽気が損なわれるだけでなく女性の気血生成、運行に影響するだけでなくさらに臓腑各種の病症を生み出します。外界には寒、湿、涼の不断の影響があります。体内の腎陽の気が不足していればそれらに抵抗しても寒湿が子宮を占領し、血行が順調でなくなり気滞血瘀、女性の各種疾患を引き起こします。故に不妊症治療のキーポイントは子宮を温める、腎元を養い補う、腎気を充実させる、体内の寒、湿、涼の状況を改善することです。

鍼灸療法の特徴は温灸の通陽作用で不妊症の原因 “寒証”、“虚証”、“瘀証”が多くて温灸が多く使用されます。“温陽去寒”、”補虚散瘀”の効能を求めます。

不妊治療は、腰部に温灸鍼を30分、下腹部に30分施術し、一般にわれている経穴とより効果的な董氏奇穴療法の婦科穴、還巣穴に針治療をし、刺絡療法、耳針治療をします。
不妊症の患者は体前面皮膚に緊張性増強の部位(募穴に多い)があります。治療効果が出ると同時に体全部の緊張増強部位も正常に回復します。

刺絡治療は即効性があり大変効果があります。冷え性の改善、健康な胎盤、胎児の成長に大きく作用します。男性不妊症も治療します。生理中は治療できません。

母乳が出ない方には乳泉、膻中、乳根、少沢に治療します。

温灸、耳穴貼圧療法(磁気金粒を貼る)のみでも効果は十分期待できす。

安産のお灸(産痛緩和即効性におすすめ)

女性の方には出産が楽にすませるのが一番です。
陣痛が始まるか、予定日に右足小指の先端(小趾尖)に米粒大のお灸を3~7壮(回)すえます。せんねん灸を使用してもかまいません。逆子の出産にも効きます。出産途中でもいいです。お産が軽くすぐ生まれますので準備が必要です。
分娩中の痛みを和らげ、止痛時間を早め、分娩時間を短縮し、出血量を少なくし、子宮収縮を促進し、新生児窒息率を低くします。
安産でらくらく出産

安胎のお灸

お臍(神闕)に隔塩灸(塩温灸)で温めると子宮に血流が良くなり健康な胎盤を作ります。習慣性流産、早産予防、逆子、むくみ、冷え性、腰痛、便秘、シミ、免疫力向上に効きます。

体鍼治療法
 関元、子宮、腎兪、婦科、還巣穴
 不妊症は温灸で  一番進んだ不妊症治療  不妊症の特効穴が一番
主穴 内生殖器、内分泌、卵巣、縁中、腎穴、。配穴 生殖器炎症患者は腎上腺穴を加える。耳針治療は月経終了後より開始する。月経後16日で停止する。3~6か月月経周期連続治療する。

腕髁鍼
上1、下1


温灸治療法
斉藤真嗣医師は『不妊症解消のカギはとにかく体を温めること』と述べています。テレビ、雑誌などで温めることの大切さを指摘しています。
おへそから下腹部にかけて不妊症の特効穴がいくつもありますので箱灸を用いて30分温灸治療します。
 
腰仙部にも不妊症の特効穴がありますので同じく箱灸で30分温灸治療します。
雷火灸法は局部或いは内分泌体成長体表位置に施灸します。内分泌ホルモンの増大につながります。“直接に女性卵巣、子宮部位、輸卵管などの部位に施灸し”女性の男性ホルモン低下させ、血漿エストラジオール(エストロゲン)の顕著な上昇を呈します。

温灸治療後に出現する反応は心配することはありません
温灸治療期間中に発熱、口の渇き、上火、皮膚のかゆみ、赤い発疹、疲
労感、便秘、尿が黄色い、汗が出る、歯痛、耳鳴り、膣からの不規則出血、全身の不調は心配しなくていいです。治療を継続してもいずれ症状は解消します。


輸卵管炎症性閉塞
患者の大多数は月経前乳房張痛、気分が憂鬱、いらいらして怒りっぽい、検査によって明らかに附属器は肥厚している。治療は行気活血、化瘀通絡を主とします。雷火灸法は薬力峻猛、浸透力が強く、活血化瘀、通絡鎮痛などの効能があります。副作用がありません。これにより輸卵管炎症性閉塞に雷火灸穴位治療を採用すると、血行促進、旺盛な新陳代謝を促進し、組織吸収能力増強します。よって炎症の吸収を加速し自然治癒能力を強めます。
刺絡治療法(即効性があります
腰兪、陰稜泉、委陽、反応点などに刺絡抜缶療法をします。
不妊症の中医学上の原因(患者さまの症状はどのタイプと一致しますか?
腎虚
偏腎陽虚
症状:婚姻後長らく妊娠しない、或はかって妊娠し2年以上妊娠しない、経期が遅れ、量は少なく色は淡い、或は閉経、おりものはうすく量は多い、顔色は薄黒い、下腹が冷える、性欲は淡白、冷え性で腰がだるい、小便は色がうすくて量が多い、軟便、舌苔は薄くて潤っている、脈は沈遅か沈細。

偏腎陰虚
婚姻後長らく不妊、月経先期、量が少ない、色は赤くて血塊はない、或は月経正常、体形は痩せている、腰膝がだるく力がない、眩暈がして頬が赤い、咽が渇いて唇が赤い、いらいらしてのぼせる、舌が赤く苔は少ない、脈は細数。
肝鬱
婚姻後長く不妊或はかって妊娠し2年以上懐妊しないもの、月経先后不定期、経期は気分がすぐれず腹痛がある、量は少なく色は暗い、小さい血塊がある、経前に胸脇、乳房張痛がある、気分が抑うつ、いらいらして怒りっぽくなる、舌質正常、苔は薄い、脈は弦。

痰湿
婚姻後長く不妊、体形は肥えている、月経後期、量は少なく、色は薄い、或は以前に閉経、おりものの量は多く色は白くて粘っている、顔色は白く輝いている、心臓はどきどきし眩暈がする、口内はさっぱりして、胸が苦しい、苔は白く粘りがあり厚い、脈は滑。
血瘀
婚姻後長らく妊娠しない、或はかって妊娠しても2年以上懐妊しない、月経後期量が少ない、色は紫黒に血塊がある、或は痛経、日常下腹が痛む、痛むとき触るのを嫌がる、舌質は紫暗或は辺縁に汚点がある、脈は弦。
ここでの原因は仙腸関節半脱位、仙腸筋膜区軟組織損傷が引き起こ
したものです。随伴症状は不妊のほか、排卵機能障害が引き起こしたものは生理が乱れる、閉経が主要症状。生殖器機能障害が引き起こしたもので輸卵管が引き起こしたものは下腹痛、白帯が多い。子宮内膜症が引き起こしたものは生理痛、月経量増多あるいは月経期延長。子宮腔が癒着したものは周期性下腹痛、閉経、月経量が少ない。免疫素因によるものは特に症状はありません。

生理が始まる前に、頚項痛、腰痛、活動障害がある。或は頚痛、腰痛があり白帯が増える。頚椎、腰椎の整脊治療をします。

生殖疾病相関診療図
不妊症の脊椎矯正
腰仙部損傷、軟組織損傷、仙腸小関節移位、増生退変、仙骨尾椎損傷、尾骨骨折、錯位、尾骨偏歪、錯位は奇神経節を刺激すると男女生殖疾病、肛門疾疾病を引き起こす可能性があります。或は腰底関節が錯位の時、格脊両側、仙腸関節周囲、仙骨後孔外口、仙腸筋膜区、は索状結節、しこり、圧痛、弾響音、弾抜痛、鈍い張るような不快感、感覚異常、局部色素沈着が出現することがあります。

腎気欠虚、外傷、疲労などの原因で腰仙関節に軽度の変異が生じたり、関節面にぴったりひっついた梨状筋が牽引、炎症刺激を受けると梨状筋に近い骨盤交感神経叢が損傷を受け骨盤神経叢から出る子宮を支配する交感神経枝が長期に興奮状態になります。このような状態は子宮内膜の螺旋動脈を痙攣収縮させます。他の面では子宮平滑筋や内膜を長期に収縮させます。この二種の作用原因により、子宮内膜組織は貧血、壊死、脱落し月経周期は早くなります。後期になると興奮した交感神経は抑制に転じ副交感神経が興奮し、子宮螺旋動脈は拡張し子宮平滑筋、内膜は緩みます。月経周期を後ろにずらします。このほか腰神経叢、骨盤交感神経叢が刺激を受けると自律神経機能紊乱を引き起こし内分泌機能失調を招きます。視床下部、脳下垂体の正負フィードバック作用を通じて血液中の女性ホルモン、妊娠ホルモン含量調節に影響し不妊と生理不順をとなります。

生殖病対応診療区
不妊症の骨盤矯正
腹前筋膜区中下段、腹股溝内側方および恥骨結合結節周囲肥厚、軟組織異常改変、局部結節、しこり、圧痛が触れることがあります。部分的に赤丘班、色素沈着などの変化が見られることがあります。
家庭でできる治療

臍療。お臍(神闕・不妊症の特効穴)に隔塩灸(粒の粗い塩を電子レンジで温めハンカチ などで包みお臍を温める。基礎体温が正常になる。
ヨモギの足湯をする。
ジャスミン茶を飲む(ストレスが原因の場合)
足療。かかとの外側の生殖腺区をマッサージする。



不妊の悩み 不妊の相談 不妊の情報 一人目の妊娠に向けて 不妊に悩んでいるのはあなた 妊娠しやすい情
報 不妊治療に精通したスタッフ 不妊症を治す 不妊症の検査 不妊症で産婦人科を受診した 不妊症と言われ
ているもの 不妊症とは通常 骨盤の歪みも、女性ホルモンと密接です。 不妊症治療を提供 不妊治療を中心に行
っており 診療内容(不妊症は 不妊専門病院として不妊症 不妊治療と女性の健康相談と治療を専門 一般不妊
症から 不妊かしら 不妊の改善を応援する 不妊に悩むご夫婦を応援します 不妊症/排卵障害と冷え性の関係
不妊症のなかでも 一番よく効く不妊症治療院 受胎針で妊娠しましょう